下肢関節・スポーツ傷害グループ

Drの紹介

教授
大川孝浩(股関節・下肢全般)
講師
久米慎一郎(股関節・下肢全般)
助教(指導医・専門医)
野口幸志(足の外科・スポーツ傷害)
田渕幸祐、木内正太郎(膝関節・スポーツ傷害)
石橋千直、原口敏昭(股関節・下肢全般)
大学院
山木宏道
山下明浩

関連リンク

グループの特色

久留米大学整形外科学講座では、病院機能分化により、「関節外科センター」として、股関節、膝関節、足関節、前足部、肩関節、肘関節、手指関節などの全関節分野に関する、特色ある診療・研究を久留米大学医療センターで担当しています。医療センターでは変形性関節症やリウマチ性関節炎、また上肢・下肢のスポーツ傷害の診療・手術治療までを幅広く行ないます。大学病院との連携体制での「チーム久留米大学整形外科」として診療・研究・教育を行っているシステムは、全国の講座の中においても、トップモデルと言えます。

【股関節外科】

変形性股関節症に対する人工股関節置換術をはじめ、臼蓋形成不全股関節に対する関節温存手術ではChiari骨盤骨切術を中心に行っています。この適応もさまざまな工夫を加え進行期・末期にいたるまで良好な成績が得られています。最近ではChiariセミナーを開催し、関節温存手術としての有用性を全国に啓蒙してきました。人工関節手術に関しても失った骨を再生させる再置換術を中心に特徴ある方法を中心に全国有数の症例数を施行しており、教室員に対しても手厚い研究教育指導を行っています。診療に関しては全国からも多く来院される患者様にも対応しています。

【足・膝関節外科】

変形性膝関節症や骨壊死などの各種足・膝疾患に対して、鏡視下手術/骨切り術/人工関節等を行っています。関節内骨折に対しても鏡視下手技を取り入れ侵襲の少ない治療を心がけています。足の外科では外反母趾・変形性足関節症に関しても積極的に手術療法も行い、全国的にも希少な人工足関節手術を導入しています。

【スポーツ整形外科】

膝、足関節のスポーツ傷害に対して侵襲の少ない関節鏡を用いた治療を行っています。半月縫合/切除、各種靭帯再建術、骨軟骨移植術など術式は多岐にわたりますが、また、メディカルサポートにも力を入れており、ラグビーユースチームに帯同ドクターを派遣しています。