Complex Trauma
Hand Surgery
重度外傷・手外科グループ

  • 外傷・手外科グループの特色

    当グループはドクターヘリが待機する県内唯一の高度救命救急センターを担当し、 重症の多発外傷症例や開放骨折を多く治療しています。
    特に骨盤骨折は日本でも有数の手術症例数と治療実績をもち、最新の技術を持って診療しています。
    最近では高齢化社会が進行し骨粗鬆症による脆弱性骨盤骨折症例も増加しています。
    低侵襲な手術とリハビリテーションにより早期社会復帰を目指し治療しています。
    その他、難治性偽関節手術や骨髄炎に対する手術、創外固定を用いた仮骨延長術も 多くの症例と実績があり専門的に治療を行っています。

  • グループの特色

    久留米大学手外科グループは久留米で唯一の日本手外科学会認定基幹施設に登録されており、 日本手外科専門医2名体制で上肢全般、特に手疾患に関する医学的スペシャリストとして プロスポーツ選手から、手、肘または指関節の外傷から変形、しびれまで幅広く治療させて頂いております。

Group Doctor ドクター

教授

白濵正博

手外科専門医

仲摩憲次郎

吉田史郎

専門医

松浦充洋

大学院

岡崎真悟

田中康嗣

上野智規

高度救命センター

重留広輔

後藤雅史