外傷・手外科グループ

Drの紹介

教授
白濵正博
手外科専門医
仲摩憲次郎、吉田史郎(アメリカ留学中 Kleinert institute for Hand and Microsurgery)
専門医
松浦充洋、杉浦由佳
大学院
岡崎真悟
高度救命センター
重留広輔、後藤雅史 中村周道

グループの特色

久留米大学整形外科外傷・手外科グループはドクターヘリが待機する3次救急救命センターを担当し、重症の救急多発外傷症例や切断症例を多く治療しています。特に骨盤骨折は日本でも有数の手術症例数と治療実績をもち、最新の技術を持って診療しています。最近では高齢化社会が進行し骨粗鬆症による脆弱性骨盤骨折症例も増加しています。低侵襲な手術とリハビリテーションにより早期社会復帰を目指し治療しています。その他、難治性偽関節手術や骨髄炎に対する手術、創外固定を用いた仮骨延長術も多くの症例と実績があり専門的に治療を行っています。

手外科では、上肢の疾患(骨折、脱臼、腱・神経断裂、靱帯断裂、切断、挫滅損傷などの外傷や腱鞘炎(ばね指)、神経疾患(手根管症候群・肘部管症候群などによるしびれや麻痺)、変形性関節症などの治療を行っています。症例により関節鏡を使用し低侵襲な検査・手術を行うように心がけています。切断や挫滅損傷など、血管や神経の断裂を伴った重度四肢外傷には手術用顕微鏡を使用した微小外科手技(マイクロサージャリー)を用いて再建(Fix&Flap)を行っております。また、外来診療では超音波検査を行うことで各種疾患の正確な診断およびブロック注射などを行っています。